密蔵番でおすすめの忍法3選+忍法構成【初心者必見!!】

シノビガミ

密蔵番でキャラクターを作りたいけど、どの忍法を修得すれば良いのか迷ってしまいますよね。

密蔵番でキャラ作成を考えているなら、「枷撃」、「刀狩」、「跳域」がおすすめです。

私は密蔵番の他の忍法を使ってみましたが、以上の3つの忍法が最も初心者に使いやすい忍法でした。

以上の3つの忍法を修得させてからそのキャラクターは戦闘で生き残りやすくなりました。

こういった私が紹介していきます。

密蔵番で使いやすくておすすめの忍法3選

密蔵番で忍法を選ぶ上で私がオススメするのは以下の3つです。

  • 枷撃
  • 刀狩
  • 跳域

私がシノビガミでKPとして遊んでいるときに、戦闘に強い密蔵番はいつも上の3つの忍法のどれかを習得していました。

それでは一つずつ説明していきます。

相手にデバフを与えたいなら「枷撃」がおすすめ

相手に変調を与えたい人はこの忍法をとりましょう。

なぜなら、相手に残刃という変調を与える忍法だからです。

この忍法を使って攻撃すると、相手は残刃という変調を与えつつ、残刃を受けている間はファンブル値が1つ上がります。

デバフを与えながら攻撃したい人は枷撃を修得しましょう

相手が回避しづらい攻撃をしたいなら「刀狩」がおすすめ

接近戦ダメージを与える攻撃忍法の特技を変えたい人はこの忍法を取りましょう。

その理由は攻撃忍法の指定特技を状況に応じて変えることができるからです。

たとえば、攻撃忍法「笹貫」の指定特技を変えたい場合、この忍法を使うことでキャラが習得している特技の中からその攻撃忍法の指定特技に変えることができます

相手に応じて攻撃忍法の指定特技を変えたい人は刀狩がおすすめです。

戦場を変えたいなら「跳域」がおすすめ

戦場型を使うプレイヤーに対応したい人はこの忍法を取りましょう。

なぜなら、回避判定時にランダム戦場変えることができる忍法だからです

回避判定時にこの忍法を使うとランダムに戦場を変え、その戦場が前の戦場と違う場合、その回避判定に+2の修正をもらえます。

戦場型に対抗したい人には跳域がおすすめです。

以上で密蔵番で使いやすいおすすめの忍法について説明は終了です。

しかし、使いやすい忍法を知ってもどのように構成を作るか気になりますよね。次の章で今回した忍法を使った忍法構成を紹介します。

密蔵番でキャラ作成するならおすすめの忍法構成 3選

紹介した忍法を使ったおすすめの忍法構成は以下の3つです。

  • 枷撃攻撃
  • 刀狩型
  • 跳域抜討

以上の3つの構成は今回紹介した忍法を使って構築しています。

これらの構成を使うことで戦闘で脱落しにくく、戦闘で優位に立ちやすくなります。
今回紹介する構成は背景や古流忍法をしていませんので、予めご了承ください。

それでは一つずつ説明していきます。

攻撃特化の構成を使いたいなら「枷撃攻撃型」がおすすめ

枷撃攻撃の構成は以下の通りです。

春雷:攻撃忍法:流派忍法《鞍馬神流》(基本ルールブックp90)
神槍:攻撃忍法:流派忍法《鞍馬神流》(基本ルールブックp90)
枷撃:攻撃忍法:下位流派忍法《密蔵番》(流派ブック鞍馬神流p42)
陽炎:サポート忍法:流派忍法《鞍馬神流》(基本ルールブックp90)
好きな奥義(オススメは絶対防御)

積極的に攻めたいなら枷撃攻撃を使いましょう。

なぜなら、この型は攻めに特化した忍法だけで構成されているからです。

構成されている忍法の忍法効果や使い方は下の表の通りです。

忍法名忍法効果主な使い方
春雷相手に2点の接近戦ダメージを与える単体の相手に攻撃できるときに使う
神槍相手に2点の射撃戦ダメージを与える単体の相手に攻撃できるときに使う
枷撃相手に1点の射撃戦ダメージと変調「残刃」を与える。
残刃を受けている間はあらゆる判定のファンブル値が1つ上昇する
単体の相手に攻撃できるときに使う
陽炎相手の回避判定にマイナス2の修正を与える攻撃忍法の命中判定の前に使う

この型は枷撃の忍法を使って相手にデバフを与えた後、春雷と神槍を使って攻撃する構成です。

積極的に攻撃したい人には枷撃攻撃を使ってみましょう。

状況に合わせて攻撃したいなら「刀狩型」がおすすめ

刀狩型の構成は以下の通りです。

神槍:攻撃忍法:流派忍法《鞍馬神流》(基本ルールブックp90)
野分:攻撃忍法:流派忍法《鞍馬神流》(忍秘伝・改p127)
封刃:攻撃忍法:下位流派忍法《密蔵番》(流派ブック鞍馬神流p42)
刀狩:サポート忍法:下位流派忍法《密蔵番》(流派ブック鞍馬神流p42)
好きな奥義(オススメは絶対防御)

相手の苦手な特技で攻撃したいなら刀狩型を使いましょう。

その理由は刀狩と接近戦の攻撃忍法を2種類修得しているからです。

構成されている忍法の忍法効果や使い方は下の表の通りです。

忍法名忍法効果主な使い方
神槍相手に2点の射撃戦ダメージを与える単体の相手に攻撃できるときに使う
野分相手に1点の接近戦ダメージを与える。相手と自分のプロットの差が2の時回避判定に-2のデバフを与える単体の相手に攻撃できるときに使う
封刃相手に1点の接近戦ダメージを与え、相手が持っているプライズや妖魔武器の効果を無効化する。また、生命力を1点消費すると間合が1つ伸びる単体の相手に攻撃できるときに使う
刀狩接近戦の攻撃忍法の指定特技を別の特技に変更する相手の苦手な特技の攻撃がしたいときに使う

この型の特徴は刀狩封刃or野分を使って、特技を変えて相手に攻撃する構成です。

相手の間合に合わせて攻撃を変えたい人には刀狩型がおすすめです。

カウンター攻撃にしたいなら「跳域抜討型」がおすすめ

跳域抜討の構成は以下の通りです。

封刃:攻撃忍法:下位流派忍法《密蔵番》(流派ブック鞍馬神流p42)
魔境:攻撃忍法:下位流派忍法《密蔵番》(流派ブック鞍馬神流p42)
抜討:サポート忍法:流派忍法《鞍馬神流》(流派ブック鞍馬神流p39)
跳域:サポート忍法:下位流派忍法《密蔵番》(流派ブック鞍馬神流p42)
好きな奥義(オススメは絶対防御、不死身)

回避と同時に攻撃したいなら跳域抜討を使いましょう

なぜなら,跳域と抜討を修得しているからです。

構成されている忍法の忍法効果や使い方は下の表の通りです。

忍法名忍法効果主な使い方
封刃相手に1点の接近戦ダメージを与え、相手が持っているプライズや妖魔武器の効果を無効化する。また、生命力を1点消費すると間合が1つ伸びる単体の相手に攻撃できるときに使う
魔境相手に1点の集団戦ダメージを与える。その戦場が平地以外だった場合、そのダメージを接近戦ダメージに変える単体の相手に攻撃できるときに使う
抜討自分よりプロットが高い人から攻撃された時、その判定が-2を受け、その判定に成功した時、接近戦の攻撃忍法で攻撃することができる自分の回避判定時に使う
黒笠自分の回避判定する時、戦場表をランダムに戦場を選ぶ。その戦場が現在の戦場と違う場合、その回避判定に+2のバフがかかる自分の回避判定時に使う

この型の特徴は自分の回避判定時に跳域+抜討を使って回避し、封刃で攻撃する構成です。

回避しながら攻撃したい人には跳域抜討がおすすめです。

以上で忍法構成についての紹介は終了です。

まとめ

最後に今回紹介した内容を簡単にまとめましょう。

密蔵番で使いやすくておすすめの忍法は以下の3つです。

  • 枷撃
  • 刀狩
  • 跳域

以上で、今回の記事の内容は終了です。

ただし、今回紹介した忍法はあくまで一部にすぎません。

今回紹介しなかった忍法も他の忍法と組合わせると強くなる忍法があります。

それの忍法を知るには、実際に忍法データが収録されている書籍を買うのがおすすめです。

密蔵番の忍法が収録されている「シノビガミ流派ブック鞍馬神流」はこちらの記事で解説しています。

今回の記事の参考書籍です。詳しく知りたい人は以下の書籍をご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました