【脱失敗】シノビガミ 公安隠密局でオススメの忍法構成は?

シノビガミ

シノビガミを始めて遊ぶ人にとって公安隠密局(比良坂機関)で失敗しない忍法構成ってなんのことかわかりませんよね。

ここでいう公安隠密局(比良坂機関)でオススメの忍法構成とはシノビガミをあまり遊んでいない人でも簡単に扱うことができる構成を示します。

せっかく自分でキャラクターを作ったのに自分がやりたいことが何もできないまま、セッションを終わりたくないですよね。

4月中旬ではシノビガミ基本ルールブック改訂版が発売される予定ですので、シノビガミを今から初めても遅くないです。

このページでは、これからシノビガミを始める人でも遊ぶことができる中忍用の公安隠密局(比良坂機関)でオススメの構成を紹介していきます。

内偵型

これは内偵の忍法効果である「情報判定を行うとき、サイコロを振らず、自動成功することができる」を利用した構成です。

この型の忍法構成は以下のようになっています。

  • 情報戦:サポート忍法:下位流派忍法《公安隠密局》(基本ルールブックp101)
  • 沈黙:サポート忍法:流派忍法《比良坂機関》(基本ルールブックp 98)
  • 内偵:装備忍法:下位流派忍法《公安隠密局》(基本ルールブックp101)
  • 揺らし:装備忍法:流派忍法《比良坂機関》(基本ルールブックp 98)
  • 好きな奥義

この構成の特徴は情報取集に特化しているところです。

内偵と沈黙を使うことで情報判定を自動成功させることができ、集めた情報を他のキャラに漏れることはありません。

情報戦は指定したキャラの命中判定と奥義破り判定にプラス修正を付与するので、奥義を破れず、そのまま戦闘脱落してしまう可能性を低くする小tができます。

さらに、揺らしは相手の秘密を持っているときに追加でダメージを与えることができるので、戦駒の火力を上げることができます。

ただし、攻撃忍法が接近戦攻撃しかなく、戦闘で不利になってしまうため、情報を使って味方を増やすなど、戦闘において対策する必要があります。

情報戦したい人や情報を集めたい人にオススメのコンボです。

誘導人遁型

これは人遁の忍法効果である「戦場を雑踏にすることで相手の命中判定にマイナス修正を付与し、自分の命中判定にプラス修正を付与する」を利用した構成です。

  • 必中:攻撃忍法:汎用忍法(基本ルールブックp 98)
  • 誘導:サポート忍法:汎用忍法(基本ルールブックp 98)
  • 沈黙:サポート忍法:流派忍法《比良坂機関》(基本ルールブックp 98)
  • 人遁:サポート忍法:下位流派忍法《公安隠密局》(基本ルールブックp101)
  • 奥義:好きな奥義(どれでも可)

この構成の特徴は相手の攻撃を失敗させやすくすることです。

人遁には戦場を雑踏すれば「相手の命中判定にマイナス修正を付与する」と「自分の命中判定にプラス修正を付与する」の2つの効果を発動することができます。

そのため、誘導を使って、雑踏にすることで人遁の効果を使うことができます。

必中は「回避のダイスの出目が命中判定のダイスの出目以上をださないと回避は成功しない」という効果なので、人遁の「自分の命中判定にプラス修正を付与する」と組み合わせることで必中を相手が回避しづらい攻撃として使うことができます。

また、沈黙は奥義破り判定にマイナス修正があるので、奥義を破りにくくなります。

けれども、戦場を雑踏以外に変更されると人遁の効果を使うことができないため、戦場を変更されないように対策する必要があります。

自分の攻撃を当てたい人や戦場を使った戦術をしたい人におすすめのコンボです。

神咒系スペシャル型

この型は神咒の忍法効果「判定がスペシャルなら、好きな忍具を1つ獲得する」を利用した戦法です。

  • 雀蜂:攻撃忍法:流派忍法《公安隠密局》(基本ルールブックp101)
  • 凶手:サポート忍法:汎用忍法(基本ルールブックp83)
  • 沈黙:サポート忍法:流派忍法《比良坂機関》(基本ルールブックp98)
  • 神咒:装備忍法:流派忍法《公安隠密局》(基本ルールブックp101)
  • 好きな奥義

この型の特徴はスペシャルを出しながら、忍具を獲得できることです。

この型はダイスの出目が9以上でスペシャルを出すことができます。

これによって9以上の出目を出せば、スペシャルになり、忍具を獲得することができます。

さらに、雀蜂という忍法はスペシャルになると追加で2点の射撃戦ダメージを与えることができます。

また、沈黙は奥義破り判定にマイナス修正があるので、奥義を破りにくくなります。

スペシャルしながら、忍具を獲得したい人にオススメのスペシャル型です。

まとめ

今回はシノビガミで公安隠密局(比良坂機関)でおすすめの忍法構成についてについて公開しました。

公安隠密局(比良坂機関)の忍法構成について最初はどんな構成なんだろうと思ったかもしれません。

今回紹介したのは

  • 情報戦に特化している「内偵型
  • 戦場を利用しながら戦う「誘導人遁型
  • スペシャルしながら戦う「神咒系スペシャル型

の3つのコンボです。

公安隠密局(比良坂機関)は比良坂機関の中で戦術の幅が広い流派なので、他の比良坂機関の下位流派に比べて変わった

今回は初心者でも簡単に情報戦で優位に立つことができる構成を紹介しました。

さらに、シノビガミ初心者でも扱うことができる忍法も多いので、シノビガミ始めたての人は公安隠密局(比良坂機関)でキャラクター作成することをオススメします。

このページを読んでいるみなさんが今回紹介した比良坂機関の忍法構成を使って遊びたいと思ってくれたら幸いです。

最後までご覧頂きありがとうございました。

TwitterやYoutubeでもTRPGに関する情報を発信していますので、よろしくお願いします。

タイトルとURLをコピーしました