【脱失敗】シノビガミ 比良坂機関でオススメの忍法構成って何?

シノビガミ

比良坂機関でキャラクターを作りたいけど、どの忍法を修得すれば良いのか迷ってしまいますよね。

比良坂機関でキャラ作成を考えているなら、「魔琴」、「沈黙」、「符撃」がおすすめです。

私は比良坂機関の他の忍法を使ってみましたが、以上の3つの忍法が最も初心者に使いやすい忍法でした。

以上の3つの忍法を修得させてからそのキャラクターは相手の戦術を妨害しやすくなりました。

このページでは比良坂機関のおすすめの忍法とその構成について紹介していきます。

比良坂機関で使いやすくておすすめの忍法3選

比良坂機関で忍法を選ぶ上で私がオススメするのは以下の3つです。

  • 魔琴
  • 沈黙
  • 符撃

私がシノビガミでKPとして遊んでいるときに、比良坂機関はいつも上の3つの忍法のどれかを習得していました。

それでは一つずつ説明していきます。

絶対防御でダメージを減らしたくないなら「魔琴」がおすすめ

絶対防御に対するダメージを人はこの忍法をとりましょう。

なぜなら、この攻撃によるダメージを絶対防御で軽減することができないからです。

実際にプレイヤーがこの忍法を使って絶対防御を貫通させてダメージを与えていました。

積極的に攻撃したいなら魔琴を習得しましょう

情報戦をしたいなら「沈黙」がおすすめ

集めた秘密を独占したい人はこの忍法を取りましょう。

その理由は情報を獲得したときその情報を共有しなくてもいいからです。

実際にこの忍法を使って、情報線で優位に立ち回っていました。

また、この忍法を修得しているだけで奥義破り判定にマイナス1の修正がつきます

情報線で優位に立ちたい人には内偵がおすすめです。

自分の攻撃を相手に回避されたくないなら「符撃」がおすすめ

サポート忍法でダメージを与えたい人はこの忍法を取りましょう。

なぜなら、遁甲符を消費して相手に生命力を1つ減らすことができるからです

実際にこの忍法を使って、相手にダメージを与えていました。

この忍法の間合は狭いですが、他の忍法と組み合わせれば大丈夫です。

攻撃忍法の他にダメージを与えたい人には符撃がおすすめです。

以上で比良坂機関で使いやすいおすすめの忍法について説明は終了です。

しかし、使いやすい忍法を知ってもどのように構成を作るか気になりますよね。次のページで今回した忍法を使った忍法構成を紹介します。

比良坂機関でキャラ作成するならおすすめの忍法構成 3選

紹介した忍法を使ったおすすめの忍法構成は以下の3つです。

  • 魔琴
  • 奥義沈黙
  • 符撃スペシャル型

以上の3つの構成は今回紹介した忍法を使って構築しています。

これらの構成を使うことで戦闘で脱落しにくく、戦闘で優位に立ちやすくなります。
今回紹介する構成は背景や古流忍法を修得していませんので、予めご了承ください。

それでは一つずつ説明していきます。

スペシャル型で戦いたいなら「魔琴型」がおすすめ

魔琴の構成は以下の通りです。

巡扇:攻撃忍法:汎用忍法(基本ルールブックp80)
魔琴:攻撃忍法:秘伝忍法《比良坂機関》(基本ルールブックp 99)
痛打:サポート忍法:汎用忍法(基本ルールブックp83)
禁術:サポート忍法:流派忍法《比良坂機関》(基本ルールブックp98)

好きな奥義(オススメは絶対防御)

絶対防御にスペシャルさせたいなら魔琴型を使いましょう。

なぜなら、この型は絶対防御で軽減できないダメージを与える構成だからです。

構成されている忍法の忍法効果や使い方は下の表の通りです。

忍法名忍法効果主な使い方
巡扇相手に1点のダメージを与える。諜術以外の特技で回避するならマイナス1修正、ファンブル値1上昇する単体の相手に攻撃できるときに使う
魔琴絶対防御で軽減できないダメージを与える単体の相手に攻撃できるときに使う
痛打与えるダメージを1点上げる攻撃忍法の命中判定の前に使う
禁術自分が指定した攻撃方法、サポート忍法を使ったキャラに1点のダメージを与える自分の手番に使う

この型は痛打魔琴を使ってダメージを与える構成です。

絶対防御でダメージを防がれたくない人には魔琴を使ってみましょう。

奥義でたくさん攻撃したいなら「奥義沈黙型」がおすすめ

奥義沈黙の構成は以下の通りです。

沈黙:サポート忍法:流派忍法《比良坂機関》(基本ルールブックp 98)
禁術:サポート忍法:流派忍法《比良坂機関》(基本ルールブックp98)
八樽:サポート忍法:流派忍法《比良坂機関》(正忍記・認p143)
揺音:装備忍法:汎用忍法(基本ルールブックp 85)

好きな奥義(オススメはクリティカルヒット、範囲攻撃)

奥義主体で戦いたいなら奥義沈黙を使いましょう。

その理由は奥義をサポートする忍法で構成されているからです。

構成されている忍法の忍法効果や使い方は下の表の通りです。

忍法名忍法効果主な使い方
沈黙奥義破り判定にマイナス1の修正がつく常時に発動する
禁術自分が指定した攻撃方法、サポート忍法を使ったキャラに1点のダメージを与える攻撃忍法で攻撃する前に使う
八樽自分と異なるプロットにいるキャラの判定にマイナス1の修正を与えるプロット時に使う
揺音《見敵術》の判定に成功しないと、その奥義の【情報】を獲得できず、奥義破り判定をすることができない装備忍法のため、自動で発動する

この型の特徴はクリティカルヒットか範囲攻撃を使ってダメージを与えることです。

奥義でダメージを与えたい人には奥義沈黙がおすすめです。

スペシャル型で遊びたいなら「符撃スペシャル型」がおすすめ

符撃スペシャル型の構成は以下の通りです。

符撃:攻撃忍法:汎用忍法:(正忍記・認p137)
烈気:サポート忍法:流派忍法《比良坂機関》(基本ルールブックp 98)
翼煙管:装備忍法:下位流派忍法《公安隠密局》(基本ルールブックp101)
神咒:装備忍法:流派忍法《比良坂機関》(基本ルールブックp98)

好きな奥義(オススメはクリティカルヒット、判定妨害)

秘密を集めたいなら符撃スペシャルを使いましょう

なぜなら,スペシャルしやすい忍法やスペシャルすると効果が出る忍法で構成されているからです。

構成されている忍法の忍法効果や使い方は下の表の通りです。

忍法名忍法効果主な使い方
符撃この忍法の間合内にいる一人を選ぶ。「遁甲符」を一個消費して、指定特技の判定に成功すると、目標は好きな【生命力】を1点減少する自分が攻撃する代わりに使う
烈気サポート忍法を使うときにスペシャル値を2つ減らすサポート忍法を使う前に使う
翼煙管サポート忍法を間合を1つ広げる装備忍法のため、自動で発動する
神咒判定にスペシャルすると忍具を1つ獲得する装備忍法のため、自動で発動する

この型の特徴は烈気+符撃神咒で忍具を増やしながらサポート忍法で攻撃する構成です。

スペシャルしながら戦いたい人には符撃スペシャルがおすすめです。

以上で忍法構成についての紹介は終了です。

まとめ

最後に今回紹介した内容を簡単にまとめましょう。

比良坂機関で使いやすくておすすめの忍法は以下の3つです。

  • 魔琴
  • 沈黙
  • 符撃

以上で、今回の記事の内容は終了です。

ただし、今回紹介した忍法はあくまで一部にすぎません。

今回紹介しなかった忍法も他の忍法と組合わせると強くなる忍法があります。

それの忍法を知るには、実際に忍法データが収録されている書籍を買うのがおすすめです。

今回紹介した忍法が収録されている書籍はこちらの記事で解説しています。

この度に雑貨店せいらんのFANBOXを開設しました。
FANBOXではプラン限定のシナリオを公開していますので、興味がある人はこちらのリンクからご覧になってください。

https://g1td4y08.fanbox.cc/

タイトルとURLをコピーしました