バヨネット(鞍馬神流)で失敗しない3つの忍法構成って何?

シノビガミ

シノビガミを始めて遊ぶ人にとってバヨネット(鞍馬神流)で失敗しない忍法構成ってなんのことかわかりませんよね。

ここでいうバヨネット(鞍馬神流)で失敗しない忍法構成とはシノビガミをあまり遊んでいない人でも簡単に扱うことができる構成を示します。

せっかく自分でキャラクターを作ったのに自分がやりたいことが何もできないまま、セッションを終わりたくないですよね。

4月中旬ではシノビガミ基本ルールブック改訂版が発売される予定ですので、シノビガミを今から初めても遅くないです。

このページでは、これからシノビガミを始める人でも遊ぶことができる中忍用のバヨネット(鞍馬神流)で失敗しない構成を紹介していきます。

雷火型

これは雷火の忍法効果である「プロットの差だけ相手の回避にマイナス修正を与える」を利用した構成です。

この構成の忍法構成は以下のようになっています。

  • 雷火:攻撃忍法:下位流派忍法《バヨネット》(基本ルールブックp 92)
  • 陽炎:サポート忍法:流派忍法《鞍馬神流》(基本ルールブックp 90)
  • 痛打:サポート忍法:汎用忍法(基本ルールブックp83)
  • 後の先:装備忍法:秘伝忍法《鞍馬神流》(基本ルールブックp 91)
  • 好きな奥義

この構成の特徴は相手の回避にマイナス修正を与え、自分の攻撃を当てやすくすることです。

陽炎と雷火の効果で相手の回避にマイナス修正を与えるので、自分の攻撃が当たりやすくなります。

また、痛打と後の先の効果で自分よりプロットが高い相手に3点のダメージを与えることができるので、戦闘シーンの序盤から相手に痛手を負わせることができます。

ただし、攻撃特化の構成にしているため、防御に関して何か対策をしないと相手を倒す前に相手に戦闘脱落されてしまうかもしれません。

自分の攻撃を当てたい人や積極的に攻めたい人にオススメのコンボです。

影法師零討型

これは零討の忍法効果である「同じプロットの相手に攻撃が当たった場合、追加ダメージを与える」を利用した構成です。

この構成の忍法構成は以下のようになっています。

  • 交叉:攻撃忍法:汎用忍法(基本ルールブックp83)
  • 影法師:サポート忍法:流派忍法《鞍馬神流》(基本ルールブックp 90)
  • 陽炎:サポート忍法:流派忍法《鞍馬神流》(基本ルールブックp 90)
  • 零討:装備忍法:下位流派忍法《バヨネット》(基本ルールブックp 92)
  • 奥義:好きな奥義(どれでも可)

この構成の特徴は同じプロットにいる相手に大きなダメージを与えることができることです。

まず、影法師で相手と同じプロットになるようにします。

次に陽炎を使って相手にマイナス修正を与えて、交叉の攻撃を回避しづらくします。

そして、交叉で相手に攻撃することで零討の効果と合わさって合計3点のダメージを相手に与えることができます。

この構成は初心者でも扱うことができる簡単な構成なので、まだシノビガミ 遊んだことがない人にオススメの構成です。

積極的に攻撃したい人やシノビガミを始めた人におすすめのコンボです。

魔弾型

この型は魔弾の忍法効果である「射撃戦ダメージを集団戦ダメージに変える」

この構成の忍法構成は以下のようになっています。

  • 禅銃:攻撃忍法:下位流派忍法《バヨネット》(基本ルールブックp 92)
  • 時雨:攻撃忍法:流派忍法《鞍馬神流》(基本ルールブックp 90)
  • 魔弾:サポート忍法:下位流派忍法《バヨネット》(基本ルールブックp 92)
  • 後の先:サポート忍法:流派忍法《鞍馬神流》(基本ルールブックp 90)
  • 好きな奥義

この構成の特徴は相手にダメージを与えるか変調を与えるか選ぶことができるということです。

集団戦ダメージとは相手に変調を与える攻撃のことです。主に相手の忍具を使えなうすることや相手の忍法を1つ封じることなどすることができます。

つまり、この構成は相手を生命力を削りながら攻撃することに加えて、相手を戦術を妨害しながら攻撃することもできます

ただし、攻撃特化の構成なので、使う際には奥義を絶対防御のような何かしらの防御手段が必要です。

相手の戦術を妨害したい人や相手によって戦術を変えたい人にオススメのコンボです。

まとめ

今回はシノビガミでバヨネット(鞍馬神流)でおすすめの忍法構成についてについて公開しました。

バヨネット(鞍馬神流)の忍法構成について最初はどんな構成なんだろうと思ったかもしれません。

今回紹介したのは

  • 相手の回避にデバフをかけて攻撃する「雷火型」
  • 相手の間合に近づいて攻撃する「影法師零討型」
  • 2種類の戦術を「魔弾型」

の3つのコンボです。

バヨネット(鞍馬神流)の忍法は間合の長い攻撃が2つあるので、遠距離の攻撃手段が欲しい人にオススメの流派です。

また、バヨネットは砲術が得意な流派なので、銃を使ったロールプレイをすることができます。シノビガミ で銃を使ったロールプレイをしたい人にオススメの流派です。

このページを読んでいるみなさんが今回紹介した鞍馬神流の忍法構成を使って遊びたいと思ってくれたら幸いです。

最後までご覧頂きありがとうございました。

TwitterやYoutubeでもTRPGに関する情報を発信していますので、よろしくお願いします。

タイトルとURLをコピーしました