裏方ってどんな忍法なの?+相性の良い忍法 3選【初心者向け】

忍法

今回の記事はこんな方におすすめの記事です。

  • 裏方について知りたい
  • 裏方に相性の良い忍法について知りたい

裏方は修得した忍法のファンブル値を下げる忍法です。

しかし、裏方って実際どんな効果なのかわかりませんよね。

そこで、今回は裏方について紹介します。

この記事では以下のことがわかります。

  • 裏方ってどんな忍法?
  • 裏方と相性のいい忍法 

今回は、「シノビガミ流派ブック斜歯忍軍」に書かれている情報を基に書きました。
そのため、著者の独自の解釈も入っているため、それを理解した上でお楽しみください。
このウェブサイトでは、ルールブックを持っていないことをおすすめしません。
だから、シノビガミを遊ぶ時は、必ずルールブックを手に取って準備してください。

裏方ってどんな忍法?

裏方は修得した忍法のファンブル値を下げる忍法です。

この忍法を修得するときに自分が修得している攻撃忍法とサポート忍法を3種類選びます。

選んだ忍法は判定する時、その判定のファンブル値を1つ下げます。

その結果、自分の好きな忍法でファンブルする確率を下げることができます。

この忍法は斜歯忍軍の流派忍法であり、そのデータは、「シノビガミ流派ブック斜歯忍軍」の34ページに詳細に記載されています。

この本を手に入れたい方は、以下の記事をご参照ください。

この忍法に関する忍法についての説明は以上です。
この忍法と相性のいい忍法は次の章で紹介します。

裏方と相性のいい忍法 3選

土竜吼

この忍法は接近戦ダメージを与えながら攻撃した相手と同じプロットに移動する攻撃忍法です。

この忍法で違うプロットにいる相手に攻撃すると、攻撃後にその相手と同じプロットに移動します。

また、相手が低いプロットにいたら、連続で攻撃することができます。

この忍法は斜歯忍軍の流派忍法であり、修得するには背景などを使って特例修得する必要があります。

その忍法の効果は「忍術バトルRPG シノビガミ 基本ルールブック 改訂版」の86ページに記載されています。

この忍法について知りたい方は以下の記事をご覧になってください。

春雷

この忍法は2点の接近戦ダメージを与える攻撃忍法です。

この忍法はまず骨法術で判定を行い、その後、修得している特技を判定を行うことで攻撃します。

そのため、この忍法は2回判定する必要があります。

裏方と組み合わせることでファンブルする可能性を減らすことができます。

この忍法は鞍馬神流の流派忍法であり、そのデータは「忍術バトルRPG シノビガミ 基本ルールブック 改訂版」の90ページに記載されています。

破軍

相手をファンブルさせたい人はこの忍法がおすすめです。

破軍とは判定の前にファンブル値を自分のプロット値に変える忍法です。

この忍法は誰かが判定を行う前に使うと、その相手に1ラウンドの間、行為判定の出目が自分のプロット値以下だとファンブルするようになります。

この忍法を自分が5のプロットにいる時に使うと、相手の判定の出目が5以下だとファンブルします。

自分のプロット値を参照するので、ファンブル値の高いプロットで使う必要があります。

裏方を修得することで破軍で判定するときのファンブルしずらくなります。

この忍法は私立御斎学園の流派忍法であり、私立御斎学園とその下位流派は修得することが可能です。

しかし、この忍法を修得するには、機忍や背景を使って修得する必要があります。

この忍法のデータは「忍術バトルRPG シノビガミ 基本ルールブック 改訂版」の102ページに記載されています。

この忍法について知りたい人はこちらの記事をご覧になってください。

以上で裏方と相性のいい忍法についての紹介は終了です。
それではまとめに入ります。

まとめ

シノビガミで裏方は修得した忍法を3つ選んでそれらの忍法のファンブル値を下げる忍法です。

その忍法を有効活用するには破軍や春雷などの他の忍法を知ることが必要です。

ただし、忍法は100種類以上あります。

今回紹介しなかった忍法も他の忍法と組合わせると強くなる忍法もあります。

それの忍法を知るには、実際に忍法データが収録されている書籍を買うのがおすすめです。

今回紹介した忍法が収録されている書籍はこちらの記事で解説しています。

この記事を書いた人
りつか

はじめまして!
雑貨店セイランでシナリオライターとして活動している【りつか】と申します。

・新作TRPGシステムの紹介
・TRPG関連書籍の紹介

など、TRPGに関する役に立つ情報を発信しています。

りつかをフォローする
忍法
スポンサーリンク
スポンサーリンク
雑貨店セイラン
タイトルとURLをコピーしました