シノビガミの揺らしってどんな忍法なの?+相性のいい忍法3選

シノビガミ

シノビガミには揺らしという忍法がありますが、どんな忍法なのかわかりずらいですよね。

ここでいう揺らしは比良坂機関とその下位流派が修得することができる忍法の一つを指します。

私はシノビガミで他の忍法構成を使っていましたが、揺らしはダメージを増やすためによく使っていました。

このページでは「揺らし」の概要と相性のいい忍法について解説します。

揺らしってどんな忍法?

揺らしとは秘密を持っている相手に追加でダメージを与える忍法です。

この忍法は相手の秘密を獲得しているときに自分の攻撃が命中すると追加で1点の射撃戦ダメージを与えることができます。

この忍法を修得することで自分の攻撃忍法の与えるダメージが増えます。

この忍法は比良坂機関の流派忍法であり、比良坂機関とその下位流派は修得することが可能です。。

比良坂機関について知りたい方は以下の記事をご覧ください。

詳しい忍法データは「忍術バトルRPG シノビガミ 基本ルールブック 改訂版」の98ページに記載されています。

本書について知りたい方は以下の記事をご覧ください。

この忍法に関する忍法についての説明は以上です。
この忍法と相性のいい忍法は次の章で紹介します。

揺らしと相性のいい忍法 3選

揺らしと相性のいい忍法は以下の3つです。

  • 内偵
  • 琴鳥
  • 戦諜

それでは、1つずつ説明します。

確実に相手の秘密を獲得したいなら「内偵」がおすすめ

相手の秘密を手に入れたい人はこの忍法がおすすめです。

なぜなら、情報判定に自動的に成功するからです。

この忍法を修得することで相手の秘密を入手する情報判定を自動で成功することが可能です。

内偵で集めた秘密を使い、揺らしの効果で相手に追加ダメージを与えます。

情報判定を成功させたい人に内偵はおすすめの忍法です。

情報を横取りしたいなら「琴鳥」がおすすめ

情報共有で情報を入手したい人はこの忍法をとりましょう。

なぜなら、情報共有で手に入るキャラからその情報を横取りするからです。

この忍法を修得した際に情報共有で他のキャラに渡る情報を手に入れつつ、そのキャラに妨害することができます。

琴鳥は秘密を獲得することができるので、秘密を持つことで効果が発揮する揺らしと相性が良いです。

情報共有を妨害したいなら琴鳥を習得しましょう

攻撃しながら相手の秘密を手に入れたいなら「戦諜」がおすすめ

スペシャル型を使いたい人はこの忍法がおすすめです。

なぜなら、この攻撃の判定でスペシャルを出すと相手が持っている情報を一つ得る忍法だからです。

この忍法は攻撃の命中判定にスペシャルを出すと、相手が持っている情報(奥義情報を除く)を1つ獲得します。

そのため、スペシャルを出すと相手が持っている秘密を手に入れることができます。

しかし、この忍法の追加効果を使うにはスペシャルを出さなければなりません。

相手が持っている情報を獲得したい人に戦諜はおすすめの忍法です。

以上で揺らしと相性のいい忍法についての紹介は終了です。
それではまとめに入ります。

まとめ

シノビガミで揺らしは相手の秘密を持っていると追加ダメージを与える忍法です。

その忍法を有効活用するには内偵などの他の忍法を知ることが必要です。

ただし、忍法は100種類以上あります。

今回紹介しなかった忍法も他の忍法と組合わせると強くなる忍法もあります。

それの忍法を知るには、実際に忍法データが収録されている書籍を買うのがおすすめです。

今回紹介した忍法が収録されている書籍はこちらの記事で解説しています。

タイトルとURLをコピーしました