バディサスペンスTRPGフタリソウサってどんなゲーム?

フタリソウサ

バディサスペンスTRPGフタリソウサというTRPGについて聞いたことがあるとはいえ、遊んだことがある人は少ないですよね。フタリソウサを初めて知った人にとってはフタリソウサってどんなゲームなのか、どうやって遊ぶのかも気になりますよね。

ここでいうフタリソウサとは冒険企画局から発売された少人数で遊ぶTRPGのことを示します。

2019年2月23日にフタリソウサのルールブックである「バディサスペンスTRPG フタリソウサ」が、2019年9月12日にはフタリソウサのシナリオ集である「フタリソウサ シナリオブック 怪盗からの誘惑」が発売されました。

フタリソウサはTRPGやったことがない人でも簡単遊ぶことができるTRPGです。

このページでは、フタリソウサに必要な持ち物やゲームの流れ、どんな人にオススメなのかなどフタリソウサが一体どんなゲームなのかについて紹介していきます。

この記事を書いている私はTRPG経験は3年ほど。
実際にフタリソウサを遊んだことがあります。
今回の記事は参考資料と自身の経験を基に書いていますので、予めご了承してください。

ここで書かれていることはあくまで「私たちの卓で遊んだこと」を中心に書いていますので、参考程度に読んでください。

どんなTRPG?

フタリソウサは探偵と助手がバディを組んで事件や問題を調査するTRPGです。

このTRPGは2,3人で遊ぶことができる少人数TRPGです。

探偵は優秀なので、事件のことについて大体のことを知っていますが、調査するたびに異常な癖をしてしまいます。

助手は探偵の異常な癖を知っているので、何とか探偵のサポートをしましょう(無理にサポートする必要はありませんので、見離しても構いません)

このTRPGは他のTRPGと違ってキャラクター作成が簡単でシートに書き込むことが少ないので、TRPG初心者におすすめのTRPGです。

フタリソウサの公式本ってどんなの?

冒険企画局から発売されている本は以下の2冊です。

  • 『バディサスペンスTRPG フタリソウサ』 (公式ルールブック)
  • 『フタリソウサ シナリオブック 怪盗からの誘惑』 (公式シナリオ集)

初めてフタリソウサを遊ぶ方はフタリソウサのルールが載っている『バディサスペンスTRPG フタリソウサ』 を買うことをオススメします。

何回か遊んでもっとフタリソウサをプレイしたい人は下の 『フタリソウサ シナリオブック 怪盗からの誘惑』 を買うことをオススメします。

『バディサスペンスTRPG フタリソウサ』

出典:『バディサスペンスTRPG フタリソウサ』著者:平野累次/冒険企画局
発行:新紀元社
:http://www.bouken.jp/pd/2s/

リプレイ(他の参加者がフタリソウサで遊んだ記録),ルール,3本のシナリオが掲載されています

リプレイには実際にフタリソウサで遊んでいる参加者の様子が書かれています。

対話形式でわかりやすい内容に書かれていますので, フタリソウサをまだ遊んだことがない人でもフタリソウサってこんなゲームなのだなと理解することができます。

ルールはキャラクター作成からセッションの進め方までこの本1冊にまとめられています。

ルールブックには3本のシナリオが載っているので、この本をもっているだけでフタリソウサを遊ぶことができます。

お値段も税別1,700円と新クトゥルフ神話TRPG(税別5900円)やのシノビガミ のルールブック(税別3800円)に比べ、フタリソウサのルールブックは安価です。

初めてフタリソウサを遊ぶ人にオススメです。

以下の本が『バディサスペンスTRPG フタリソウサ』です。

『フタリソウサシナリオブック怪盗からの誘惑』

出典: 『フタリソウサ シナリオブック 怪盗からの誘惑』著者:平野累次/冒険企画局
発行:新紀元社
:http://www.bouken.jp/pd/2s/

この本にはキャンペーンシナリオが1本と短編シナリオ14本が掲載されていますので、フタリソウサを遊んでみてもっとフタリソウサのシナリオを遊びたい人にオススメです。

また、新たに怪盗やというクラスが入るなどフタリソウサの追加クラスと追加異常な癖表などの選択ルールの追加されています。

さらに、シナリオ作りサポートパートが入っているため,シナリオを作ったことがない人でもそのパートに従ってシナリオを作ることができます。

お値段は税別1,800円なので、何回かフタリソウサを遊んでいて、フタリソウサでシナリオ作りたい人にオススメです。

以下の本が『フタリソウサシナリオブック怪盗からの誘惑』です。

タイトルとURLをコピーしました