ハグレモノの咎眼流でおすすめの忍法3選+構成紹介【脱初心者】

シノビガミ


今回は以下の悩みを持っている方向けの記事です。

  • ハグレモノの咎眼流でキャラクター作成したいけど、どの忍法すればいいのかかわからない
  • 初心者でも扱える咎眼流の忍法構成が知りたい

こういった疑問に答えます。

本記事の内容は

  • シノビガミ咎眼流で使いやすくておすすめの忍法3選
  • 咎眼流でオススメの忍法構成3選

です。

この記事を書いている私はTRPG経験は3年ほど。
実際に咎眼流でキャラクター作成したことがあります。
今回の記事は参考資料と自身の経験を基に書いていますので、予めご了承してください。

こういった私が紹介していきます。

咎眼流で使いやすくておすすめの忍法3選

咎眼流で忍法を選ぶ上で私がオススメするのは以下の3つです。

  • 赤眼
  • 真眼
  • 眼力

私がシノビガミでKPとして遊んでいるときに、戦闘に強い咎眼流はいつも上の3つの忍法のどれかを習得していました。

それでは一つずつ説明していきます。

相手をファンブルさせたいなら「赤眼」がおすすめ

ファンブルさせてダメージを与えたい人はこの忍法をとりましょう。

なぜなら、相手がファンブルすると2点のダメージを与えるからです。

実際にプレイヤーがこの忍法を使って、ファンブルした他のプレイヤーにダメージを与えていました。

この忍法は同じ相手に重ねて使うことができませんが、攻撃しなくてもダメージを与えることができます。

忍法を使って攻撃したい人にはおすすめできませんが、相手をファンブルさせたいなら赤眼を習得しましょう

相手の奥義を封殺したいなら「真眼」がおすすめ

相手の奥義を使えなくしたい人はこの忍法を取りましょう。

その理由は奥義破り判定にスペシャルで成功するとその奥義はセッション中使えなくなるからです。

実際にこの忍法を使って、相手の奥義で封殺していました。

奥義破り判定にスペシャルで成功しないと効果はありませんが、他の忍法や奥義を使って判定をスペシャルにすることができます。

積極的に攻めたい人にはおすすめしませんが、相手の奥義を使えなくしたい人には真眼がおすすめです。

古流忍法を使いたいなら「眼力」がおすすめ

古流忍法を修得したい人はこの忍法を取りましょう。

なぜなら、古流流派である黒脛巾組の忍法を修得することができるからです。

実際にこの忍法を使って、水晶眼を修得していました。

この忍法で修得した忍法のコストは1上がりますが、「羅眼」や「水晶眼」などの黒脛巾組の忍法を修得することができます。

古流忍法を使いたくないと思う人にはおすすめしませんが、古流忍法を使いたい人には眼力がおすすめです。

以上で咎眼流で使いやすいおすすめの忍法について説明は終了です。

しかし、使いやすい忍法を知ってもどのように構成を作るか気になりますよね。次のページで今回した忍法を使った忍法構成を紹介します。

タイトルとURLをコピーしました