ハグレモノの不知火でおすすめの忍法3選+構成紹介【脱初心者】

シノビガミ

今回は以下の悩みを持っている方向けの記事です。

  • ハグレモノの不知火でキャラクター作成したいけど、どの忍法すればいいのかかわからない
  • 初心者でも扱える不知火の忍法構成が知りたい

こういった疑問に答えます。

本記事の内容は

  • 不知火で使いやすくておすすめの忍法3選
  • 不知火でオススメの忍法構成3選

です。

この記事を書いている私はTRPG経験は3年ほど。
実際に不知火でキャラクター作成したことがあります。
今回の記事は参考資料と自身の経験を基に書いていますので、予めご了承してください。

こういった私が紹介していきます。

ハグレモノの不知火で使いやすくておすすめの忍法3選

不知火で忍法を選ぶ上で私がオススメするのは以下の3つです。

  • 百燐
  • 業火
  • 炎舞

私がシノビガミでKPとして遊んでいるとき、よく使われている不知火はいつも上の3つの忍法のどれかを習得していました。

それでは一つずつ説明していきます。

全体攻撃が欲しいなら「百燐」がおすすめ

バトルロイヤルで活躍したい人はこの忍法をとりましょう。

なぜなら、自分以外の間合内のキャラクター全員に攻撃する忍法だからです。

実際にプレイヤーがこの忍法を使って、無差別に攻撃していました。

他のプレイヤーからのヘイトを集めやすくなりますが、全体に攻撃して短期戦に持ち込みやすくなります。

相手からのヘイトを集めたくない人にはおすすめできませんが、積極的に攻撃したいなら百燐を修得しましょう

手軽にダメージを上げたいなら「業火」がおすすめ

従者型を使いたい人はこの忍法を取りましょう。

その理由は従者を死亡させることで敵に与えるダメージが上昇するからです。

実際に、この忍法を修得したプレイヤーは従者を死亡させてから敵に攻撃していました。

「従者はどうやって死亡させるの?」と思う人はいるかもしれませんが、百燐や範囲攻撃などの全体攻撃できる忍法を使って相手を巻き込んで攻撃すれば大丈夫です。

奥義で攻撃したい人にはおすすめしませんが、忍法で倒したい人には業火がおすすめです。

相手にデバフを与えたいなら「炎舞」がおすすめ

特技「火術」を使う忍法で攻撃したい人はこの忍法を取りましょう。

なぜなら、相手に回避判定に-1を与えるか、ダメージの代わりに変調「火達磨」を与えるからです

実際に、あるプレイヤーはこの忍法を使って、相手にデバフを掛けながら攻撃していました。

特技「火術」を使う忍法で攻撃しないと発動しませんが、百燐や爆破などの忍法で攻撃すれば問題ありません。

短期戦に持ち込みたい人にはおすすめしませんが、相手にデバフを掛けながら攻撃したい人には炎舞がおすすめです。

以上で不知火で使いやすいおすすめの忍法について説明は終了です。

しかし、使いやすい忍法を知ってもどのように構成を作るか気になりますよね。次のページで今回した忍法を使った忍法構成を紹介します。

不知火でキャラ作成するならおすすめの忍法構成 3選

紹介した忍法を使ったおすすめの忍法構成は以下の3つです。

  • 迷宮型
  • 昔日水中型
  • 喘縄炎舞

以上の3つの構成は今回紹介した忍法を使って構築しています。

これらの構成を使うことで戦闘で脱落しにくく、戦闘で優位に立ちやすくなります。
今回紹介する構成は背景や古流忍法をしていませんので、予めご了承ください。

それでは一つずつ説明していきます。

状況に応じて攻撃を変えたいなら「百燐型」がおすすめ

百燐型の構成は以下の通りです。

爆破:攻撃忍法:汎用忍法(基本ルールブックp79)
百燐:攻撃忍法:下位流派忍法《不知火》(基本ルールブックp97)
影分身:サポート忍法:流派忍法《ハグレモノ》(基本ルールブックp94)
刃隠:装備忍法:汎用忍法(基本ルールブックp94)
好きな奥義(オススメはクリティカルヒット、絶対防御)

2種類の攻撃手段が欲しいなら百燐型を使いましょう。

なぜなら、この型は爆破と百燐の攻撃忍法を使い分けて攻撃することができるからです。

構成されている忍法の忍法効果や使い方は下の表の通りです。

忍法名忍法効果主な使い方
爆破相手に2点のダメージを与える単体の相手に攻撃できるときに使う
百燐自分以外の間合内のキャラクター全員を相手に1点のダメージを与える複数の相手に攻撃できるときに使う
影分身プロットを2つ置き、好きな方を選べるプロット時に使う
刃隠命中判定にファンブルしたら、その人に1点のダメージを与える装備忍法のため、自動で発動する

この型は影分身で有利な場所を取り、百燐や爆破で攻撃する構成です。

この構成はコンボがありませんが、全体攻撃や単体攻撃の2つの方法を状況に応じて戦うことができます。

コンボを使って戦いたい人にはおすすめできませんが、状況に応じて戦い方を変えたい人には百燐型を使ってみましょう。

短期決戦に持ち込みたいなら「配下業火型」がおすすめ

配下業火型の構成は以下の通りです。

爆破:攻撃忍法:汎用忍法(基本ルールブックp79)
影分身
:サポート忍法:流派忍法《ハグレモノ》(基本ルールブックp94)
配下:装備忍法:汎用忍法(基本ルールブックp84)
業火:装備忍法:下位流派忍法《不知火》(基本ルールブックp97)
好きな奥義(オススメは範囲攻撃)

従者を使って戦いたい配下業火型を使いましょう。

その理由は従者を死亡させて相手に与えるダメージを増やす構成だからです。

構成されている忍法の忍法効果や使い方は下の表の通りです。

忍法名忍法効果主な使い方
爆破相手に2点のダメージを与える単体の相手に攻撃できるときに使う
影分身プロットを2つ置き、好きな方を選べるプロット時に使う
配下「草」、「工作員」、「クノイチ」の中から従者を持つことができる装備忍法のため、自動で発動する
業火戦闘脱落しているキャラがいる場合、追加で1点のダメージを与えることができる。さらに、そのキャラが死亡している場合、追加で1点のダメージを与えることができる。装備忍法のため、自動で発動する

この型は配下範囲攻撃業火を使い、従者を死亡させることで業火を発動させる構成です。

業火によって相手からのヘイトを集めやすくなりますが、影分身を使って相手の間合から離れれば大丈夫です。

長期戦に持ち込みたい人にはおすすめしませんが、短期決戦で決着をつけたい人には配下業火型がおすすめです。

相手をファンブルさせたいなら「喘縄炎舞型」がおすすめ

喘縄炎舞の構成は以下の通りです。

:攻撃忍法:汎用忍法(基本ルールブックp79)
喘縄
:サポート忍法:汎用忍法(忍秘伝p126)
影分身
:サポート忍法:流派忍法《ハグレモノ》(基本ルールブックp94)
炎舞
:装備忍法:下位流派忍法《不知火》(正忍記・認p142)
好きな奥義(オススメは判定妨害、絶対防御)

相手になら喘縄炎舞を使いましょう

なぜなら,相手がファンブルすると忍法の効果でダメージを与えることができるからです。

構成されている忍法の忍法効果や使い方は下の表の通りです。

忍法名忍法効果主な使い方
爆破相手に2点のダメージを与える単体の相手に攻撃できるときに使う
喘縄あらゆる判定に-1の修正がつき、相手がファンブルしたら1点のダメージを与える攻撃の代わりに使う
影分身プロットを2つ置き、好きな方を選べるプロット時に使う
炎舞相手に回避判定に-1を与えるか、ダメージの代わりに変調「火達磨」を与える特技「火術」の攻撃忍法が命中判定に成功したときに使う

この型は喘縄炎舞を使うことで相手がファンブルしたときに2点のダメージを受ける構成です。

「相手がファンブルしなかったらどうするの?」と思う人はいるかもしれません。しかし、影分身爆破炎舞を使って間合を調整しながら攻撃することができます。

短期戦で決着をつけたい人にはおすすめしませんが、相手をファンブルさせてダメージを与えたい人には喘縄炎舞がおすすめです。

以上で忍法構成についての紹介は終了です。

まとめ

最後に今回紹介した内容を簡単にまとめましょう。

不知火で使いやすくておすすめの忍法は以下の3つです。

  • 百燐
  • 業火
  • 炎舞

以上で、今回のページの内容は終了です。

最後までご覧頂きありがとうございました。

このページを読んでいるみなさんが今回紹介した不知火のキャラを作って遊びたいと思ってくれたら幸いです。

幸せなTRPGライフをお送りください!

この度に雑貨店せいらんのFANBOXを開設しました。
FANBOXではプラン限定のシナリオを公開していますので、興味がある人はこちらのリンクからご覧になってください。

https://g1td4y08.fanbox.cc/

今回の記事の参考書籍です。詳しく知りたい人は以下の書籍をご覧ください。

シノビガミの基本ルールブック(シノビガミを始めたい人におすすめの1冊)

シノビガミシナリオ集忍秘伝・改(もっとシノビガミを遊びたい人におすすめの1冊)

シノビガミ シナリオ集 正忍記・認(シノビガミのサプリメント最新作)

タイトルとURLをコピーしました