シノビガミ「蓮華王拳」でおすすめの忍法3選+構成紹介【脱初心者】

シノビガミ

今回は以下の悩みを持っている方向けの記事です。

  • 鞍馬神流の蓮華王拳でキャラクター作成したいけど、どの忍法すればいいのかかわからない
  • 蓮華王拳でキャラ作ったことないけど、どうやって戦えばいいのかわからない
  • 初心者でも扱える蓮華王拳の忍法構成が知りたい

こういった疑問に答えます。

本記事の内容は

  • シノビガミ蓮華王拳で使いやすくておすすめの忍法3選
  • 蓮華王拳でオススメの忍法構成3選

です。

この記事を書いている私はTRPG経験は3年ほど。
実際に蓮華王拳でキャラクター作成したことがあります。
今回の記事は参考資料と自身の経験を基に書いていますので、予めご了承してください。

こういった私が紹介していきます。

シノビガミ鞍馬神流の蓮華王拳で使いやすくておすすめの忍法3選

蓮華王拳で忍法を選ぶ上で私がオススメするのは以下の3つです。

  • 練気
  • 戦極拳
  • 愚直

私がシノビガミでKPとして遊んでいるときに、戦闘に強い蓮華王拳はいつも上の3つの忍法のどれかを習得していました。

それでは一つずつ説明していきます。

クリティカルヒットで攻撃したいなら「練気」がおすすめ

奥義『クリティカルヒット』を使いたい人はこの忍法をとりましょう。

なぜなら、クリティカルヒットで攻撃すると追加でダメージを与えるからです。

実際にプレイヤーがこの忍法を使って、相手に5点のダメージを与えていました。

この忍法を持っていると奥義対策されてしまいますが、一気に大ダメージを与えることができます。

忍法を使って戦いたい人にはおすすめできませんが、奥義で戦いたいなら練気を習得しましょう

カウンター攻撃したいなら「戦極拳」がおすすめ

回避判定を振りたくない人はこの忍法を取りましょう。

その理由は回避判定をしない代わりに忍法で攻撃できるからです。

実際にこの忍法を使って、攻撃されたときに相手に忍法で攻撃していました。

「回避判定しなくても大丈夫なの」と思うかもしれませんが、悪食や禹歩などの忍法を使うことができるので、大丈夫です。

積極的に攻めたい人にはおすすめしませんが、カウンターでダメージを与えたい人には戦極拳がおすすめです。

どんな状態でも攻撃したいなら「愚直」がおすすめ

逆凪でも攻撃したい人はこの忍法を取りましょう。

なぜなら、逆凪でも攻撃することができる忍法だからです

逆凪は、戦闘シーンでファンブルしたときに行われる処理です。
逆凪中はあらゆる判定が失敗扱いになります。

逆凪以外の場合では特に効果はありませんが、不安な人は保険として習得しておいたほうがいいかもしれません。

逆凪なんてしないと思う人にはおすすめしませんが、逆凪中でも忍法を使いたい人には愚直がおすすめです。

以上で蓮華王拳で使いやすいおすすめの忍法について説明は終了です。

しかし、使いやすい忍法を知ってもどのように構成を作るか気になりますよね。次のページで今回した忍法を使った忍法構成を紹介します。

蓮華王拳でキャラ作成するならおすすめの忍法構成 3選

紹介した忍法を使ったおすすめの忍法構成は以下の3つです。

  • 必中闇鎌斬
  • 曲歌
  • 魔血

以上の3つの構成は今回紹介した忍法を使って構築しています。

これらの構成を使うことで戦闘で脱落しにくく、戦闘で優位に立ちやすくなります。
今回紹介する構成は背景や古流忍法をしていませんので、予めご了承ください。

それでは一つずつ説明していきます。

相手の忍具を無効化したいなら「練気クリティカルヒット型」がおすすめ

練気クリティカルヒットの構成は以下の通りです。

春雷:攻撃忍法:流派忍法《鞍馬神流》(基本ルールブックp90)
影法師:サポート忍法:流派忍法《鞍馬神流》(基本ルールブックp90)
練気:サポート忍法:下位流派忍法《大槌軍》(基本ルールブックp88)
頑健:装備忍法:汎用忍法(基本ルールブックp82))
好きな奥義(オススメはクリティカルヒット)

奥義で攻撃したいなら練気クリティカルヒットを使いましょう。

なぜなら、この型は奥義で5点のダメージを与えることができるからです。

構成されている忍法の忍法効果や使い方は下の表の通りです。

忍法名忍法効果主な使い方
春雷相手に2点のダメージを与える単体の相手に攻撃できるときに使う
影法師相手の同じプロットに移動することができるプロット時に使う
練気クリティカルヒットで攻撃する時、追加で1点の接近戦ダメージを与える攻撃する代わりに使う
頑健追加の生命スロットを2つ得る装備忍法のため、自動で発動する

この型は影法師+練気クリティカルヒットを使って、相手と同じプロットに移動し、5点のダメージを与える構成です。

このコンボの間合が1しかないため、間合の遠い相手に攻撃することができません。

妨害しながら戦いたい人にはおすすめできませんが、一撃で決着をつけたい人には練気クリティカルヒット型を使ってみましょう。

相手の戦術を妨害させたいなら「戦極拳カウンター型」がおすすめ

戦極拳カウンター型の構成は以下の通りです。

射撃戦攻撃:攻撃忍法:汎用忍法(基本ルールブックp79)
神槍
:攻撃忍法:流派忍法《鞍馬神流》(基本ルールブックp90)
禹歩::サポート忍法:流派忍法《鞍馬神流》(基本ルールブックp90)
戦極拳:サポート忍法:下位流派忍法《蓮華王拳》(基本ルールブックp92)
好きな奥義(オススメは絶対防御、不死身)

カウンターしながら戦いたい戦極拳カウンター型を使いましょう。

その理由は禹歩戦極拳などの相手に反撃することができる忍法を修得しているからです。

構成されている忍法の忍法効果や使い方は下の表の通りです。

忍法名忍法効果主な使い方
射撃戦攻撃相手に1点のダメージを与える単体の相手に攻撃するときに使う
神槍相手に2点のダメージを与える単体の相手に攻撃するときに使う
禹歩射撃戦ダメージを受けた時、その値だけ相手にダメージを返す射撃戦ダメージを受けた時に使う
戦極拳回避判定を放棄し、ラウンドで使用していない忍法で攻撃することができる装備忍法のため、自動で発動する

この型の特徴は禹歩戦極拳を使って、相手に反撃しながら戦うことです。

生命力が減りやすい構成ですが、忍具を兵糧丸すれば生命力を回復しながら戦うことができます。

短期決戦に持ち込みたい人にはおすすめしませんが、カウンターを使って攻撃したい人には戦極拳カウンター型がおすすめです。

逆凪でも攻撃したいなら「愚直型」がおすすめ

愚直型の構成は以下の通りです。

春雷:攻撃忍法:流派忍法《鞍馬神流》(基本ルールブックp90)
神槍:攻撃忍法:流派忍法《鞍馬神流》(基本ルールブックp90)
愚直:攻撃忍法:下位流派忍法《蓮華王拳》(基本ルールブックp92)
陽炎:サポート忍法:流派忍法《鞍馬神流》(基本ルールブックp90)
好きな奥義(オススメは絶対防御、範囲攻撃)

逆凪になっても攻撃したいなら愚直型を使いましょう

なぜなら,愚直を使うことで逆凪でも攻撃することができるからです。

構成されている忍法の忍法効果や使い方は下の表の通りです。

忍法名忍法効果主な使い方
春雷相手に2点のダメージを与える単体の相手に攻撃できるときに使う
神槍相手に2点のダメージを与える単体の相手に攻撃できるときに使う
愚直自分が逆凪になっても攻撃することができる単体の相手に攻撃できるときに使う
陽炎相手の回避判定にマイナス2の修正を与える攻撃忍法の命中判定の前に使う

この型の特徴は春雷、神槍愚直を使い、状況に応じて攻撃することができることです。

相手からの妨害に弱い構成ですが、短期決戦に持ち込めば妨害を受けずに倒せう可能性があります。

長期戦に持ち込みたい人にはおすすめしませんが、短期戦で決着をつけたい人には愚直型がおすすめです。

以上で忍法構成についての紹介は終了です。

まとめ

最後に今回紹介した内容を簡単にまとめましょう。

蓮華王拳で使いやすくておすすめの忍法は以下の3つです。

  • 練気
  • 戦極拳
  • 愚直

以上で、今回のページの内容は終了です。

最後までご覧頂きありがとうございました。

このページを読んでいるみなさんが今回紹介した蓮華王拳のキャラを作って遊びたいと思ってくれたら幸いです。

幸せなTRPGライフをお送りください!

今回の記事の参考書籍です。詳しく知りたい人は以下の書籍をご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました