比良坂機関の常夜でおすすめの忍法3選+構成紹介【脱初心者】

シノビガミ


今回は以下の悩みを持っている方向けの記事です。

  • 常夜でキャラクター作成したいけど、どの忍法すればいいのかかわからない
  • 初心者でも扱える常夜の忍法構成が知りたい

こういった疑問に答えます。

本記事の内容は

  • 常夜で使いやすくておすすめの忍法3選
  • 常夜でオススメの忍法構成3選

です。

この記事を書いている私はTRPG経験は3年ほど。
実際に常夜でキャラクター作成したことがあります。
今回の記事は参考資料と自身の経験を基に書いていますので、予めご了承してください。

こういった私が紹介していきます。

常夜で使いやすくておすすめの忍法3選

常夜で忍法を選ぶ上で私がオススメするのは以下の3つです。

  • 闇神楽
  • 夜見
  • 伊賦夜

私がシノビガミでKPとして遊んでいるときに、常夜はいつも上の3つの忍法のどれかを習得していました。

それでは一つずつ説明していきます。

情報戦を有利に立ち回りたいなら「闇神楽」がおすすめ

情報を取りたい人はこの忍法をとりましょう。

なぜなら、情報判定を2回行うことができるからです。

実際にプレイヤーがこの忍法を使って、1シーンで相手の秘密を2つ手に入れていました。

この忍法を使うたびに生命力を1つ消費しますが、他の忍法を組み合わせれば問題はないです。

忍法を使って戦いたい人にはおすすめできませんが、情報戦を有利にしたいなら闇神楽を習得しましょう

相手の居所を手に入れたいなら「夜見」がおすすめ

相手の居所が欲しい人はこの忍法を取りましょう。

その理由は相手の居所を2人分入手することができるからです。

実際にこの忍法を使って、他のプレイヤー全員の居所を手に入れていました。

相手の居所しか取れませんが、社会戦や流転などの忍法と組わせることで活躍しやすくなります。

積極的に攻めたい人にはおすすめしませんが、相手の居所を手に入れたい人には夜見がおすすめです。

死亡したキャラを有効に使いたいなら「伊賦夜」がおすすめ

死亡したキャラを有効に使いたい人はこの忍法を取りましょう。

なぜなら、死亡したキャラを動死体として従者する忍法だからです

実際にこの忍法を使って、死亡した従者を動死体として再利用したプレイヤーがいました。

死亡したキャラがいないと使えませんが、従者を用意すれば大丈夫です。

忍法で戦いたいと思う人にはおすすめしませんが、従者を操作したい人には伊賦夜がおすすめです。

以上で常夜で使いやすいおすすめの忍法について説明は終了です。

しかし、使いやすい忍法を知ってもどのように構成を作るか気になりますよね。次のページで今回した忍法を使った忍法構成を紹介します。

タイトルとURLをコピーしました