シノビガミの冷血ってどんな忍法なの?【初心者向け】

シノビガミ

シノビガミには冷血という忍法がありますが、どんな忍法なのかわかりずらいですよね。

ここでいう冷血は汎用忍法の一つを指します。

私はシノビガミで他の忍法構成を使っていましたが、冷血は攻撃忍法をサポートするためによく使っていました。

このページでは「冷血」の概要と相性のいい忍法について解説します。

冷血ってどんな忍法?

冷血とは自分に対する感情を持っていないキャラに対して命中判定の+1ダメージ上昇のバフを付与する忍法です。

この忍法を修得することで自分に対する感情がないキャラクターに対して、命中判定が+1のバフがつき、攻撃が命中するとその攻撃の威力が上昇します。

この忍法は隠忍の血統の下位流派である血社の流派忍法であり、血社しか修得することができません。

血社について知りたい方は以下の記事をご覧ください。

詳しい忍法データはシノビガミシナリオ集正忍記・認の145ページに記載されています。

シノビガミシナリオ集正忍記・認について知りたい方は以下の記事をご覧ください。

この忍法に関する忍法についての説明は以上です。
この忍法と相性のいい忍法は次の章で紹介します。

冷血と相性のいい忍法 3選

冷血と相性のいい忍法は以下の3つです。

  • 必中
  • 血旋渦
  • 裏真言

それでは、1つずつ説明します。

相手に攻撃を命中させたいなら必中

ダメージを与えた時に変調を与えたい人はこの忍法がおすすめです。

なぜなら、相手の回避判定が自分の達成値以上にならないと回避することができない忍法だからです。

必中の命中判定時にこの忍法を使ってその達成値を上げることで攻撃が命中しやすくなります。

ただし、自分に対する感情を持つキャラクターには効果はありません。

達成値を上げ、攻撃を当てたい人に必中はおすすめの忍法です。

隠忍の血統の強い忍法で使いたいなら「血旋渦」がおすすめ

強い忍法を使いたい人はこの忍法をとりましょう。

なぜなら、この忍法はコスト1で間合が3あるからです。

この忍法は隠忍の血統の流派忍法であり、隠忍の血統とその下位流派は修得することができます。

冷血と血旋渦を組み合わせることで感情を持っていないキャラクターに対して2点の接近戦ダメージを与える忍法になります。

隠忍の血統で強い忍法を使いたいなら血旋渦を修得しましょう

相手にデバフを与えたいなら「裏真言」がおすすめ

相手に変調を与えたい人はこの忍法がおすすめです。

なぜなら、相手に呪いという変調を与える忍法だからです。

この忍法は隠忍の血統の流派忍法であり、隠忍の血統とその下位流派は修得することができます。

呪いという変調は相手が修得する忍法をランダムに未修得にする変調です。

そのため、冷血+裏真言で攻撃することで2点のダメージを与えつつ、呪いの変調を与えることができます。

呪いについて知りたい方は以下の記事をご覧になってください。

相手に呪いというデバフを与えたい人に裏真言はおすすめの忍法です。

以上で冷血と相性のいい忍法についての紹介は終了です。
それではまとめに入ります。

まとめ

シノビガミで冷血は自分に対する感情を持たないキャラに攻撃するときにバフがかかる忍法です。

その忍法を有効活用するには必中などの他の忍法を知ることが必要です。

ただし、忍法は100種類以上あります。

今回紹介しなかった忍法も他の忍法と組合わせると強くなる忍法もあります。

それの忍法を知るには、実際に忍法データが収録されている書籍を買うのがおすすめです。

今回紹介した忍法が収録されている書籍はこちらの記事で解説しています。

タイトルとURLをコピーしました